中央区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(中央区)―

冨田 実 院長/冨田実アイクリニック銀座(東銀座駅・眼科)の院長紹介ページ

冨田 実 院長

MINORU TOMITA

10万症例以上の執刀実績を持つスペシャリストが、白内障および屈折矯正手術を提供。

大学卒業後、大学病院や民間の病院で勤務医として経験を積み、自他ともに認める世界レベルの眼科医専門医に。2014年、東銀座駅すぐそばに開業。

冨田 実 院長

冨田 実 院長

冨田実アイクリニック銀座

中央区/銀座/東銀座駅

  • ●眼科

病気で苦しんでいる方たちの力になりたい。

冨田 実 院長

私自身、子どもの頃は体が弱く頻繁に医者のお世話になっていましたので、その恩返しではありませんが、今度は自分が病気で苦しんでいる方たちの力になってあげたいと考えるようになったのが、この道を志したきっかけです。
大学に入った当初は内科志望だったのですが、内科というのは、たとえば手術が必要なくらい病状が進んでしまうと、そこから先は外科にバトンタッチせざるを得ない。しかし私は、そうではなく、患者様を最初から最後まで責任を持って診たいと常々考えていまして、それができる診療科として、最終的には眼科を選びました。
実は、当院を開業したのも同じような理由からでした。大学卒業後しばらくは、眼科の世界で名の通った大学病院や民間の病院で勤務医をしていたのですが、そうした病院では経営上の理由などから、分業制を採らざるを得ません。加えて、執刀経験豊富な私の元にはどうしても難しい症例の患者様ばかりが振り分けられてしまい……。そこで先ほども申しましたように、どのような症状の患者様であっても最初から最後まで責任を持って診たいという考えから開業を決意しまして、今年(2014年)の6月に、東京メトロ日比谷線・都営浅草線 東銀座駅より徒歩1分、東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅より徒歩5分のこの地に、眼科の冨田実アイクリニック銀座開院いたしました。

世界的レベルのカメラインレーを用いた老眼治療やレーザーによる白内障手術。

冨田 実 院長

これも、先ほどから申しています「最初から最後まで責任を持って」ということに通じるのですが、そのためには、あらゆる診断・治療に対応できる眼科医院でなくてはいけないと考えています。例外として入院を伴うような治療の場合には、入院設備の整った病院にお願いせざるを得ないわけですが、それ以外に関しては、大学病院にも決して負けない治療をご提供できるものと自負しています。事実、当院には、他院ではちょっとお目にかかれない日本初導入の最先端機器(私が開発段階から携わった「アマリス1050RS」「FEMTO LDV Z8」など)が揃っているんですよ。
また、アメリカ屈折矯正学会・国際屈折矯正学会というところが、世界的な眼科医のリーダーを選出しているのですが、日本から3名選ばれているうち、私もその栄誉にあずかっておりまして、たとえば通常の大学病院では行うことのできない難易度の高い屈折矯正手術なども、当院でしたら行うことができます。その中でも特に、カメラインレーを用いた老眼治療やレーザーによる白内障手術に関しては、国内のみならず世界的に見ても、当院は大きな強みを持っております。

10万件以上のレーシック手術を執刀。成功率は99%以上。

冨田 実 院長

レーシックについては一時期、「危険」「良くない」といった考えが広まりましたが、実際にレーシックに携わる人間として、そうした誤った風潮を正していきたいという気持ちも、当院を開業する上で大きなモチベーションとなりました。
確かに、レーシックに関するトラブルが起きているのも事実ですが、それはレーシックの技術そのものではなく、それに携わる人間、もっと言えば患者様と病院サイドとのコミュニケーションの部分に問題があることがほとんどなのです。そしてその原因もやはり、診療を行う人間、手術を行う人間、アフターフォローを行う人間がすべて別という、冒頭で申した「分業制」にあると私は考えています。
レーシックというのは、世界でもっとも数多く行われている選択的手術であり、またもっとも結果の良い手術でもあります。私自身の実績としましても、これまでに10万件以上の手術を執刀していますが、成功率は99%以上です。
レーシックの手術を受けていただく際には、最新の設備を整え、何より良き執刀医のいる眼科医院を選ばれますことを、皆様には強くおすすめしたいですね。

「気合い」をもって、どんなに難しい手術にも挑む。

当院の大きな特徴ということで、ここまで「手術」の話を多くさせていただいてきましたが、もちろん、望まない患者様に対して無理に手術を勧めるようなことは決してありません。あくまでも手術は治療の選択肢のひとつであり、豊富な選択肢の中からもっとも適した治療法を患者様と共に考え、共に病気と闘っていくというのが、当院の基本方針です。
また、私は医師としては珍しく「気合い」という言葉が好きなのですが(笑)、たとえどんなに難しい症例、どんなに難しい手術であったとしても絶対にあきらめることはしません。常に全力で取り組むことによって得られるもの・身につけられる能力というのは、1週間単位ではわからなくとも、それが1年単位となると、目に見えて実感できるようになります。自身の成長は、ひいては患者様のためにもなりますので、こうした「医療人としての姿勢」の大切さについては、私だけでなくスタッフにも常々言い聞かせて、医院全体として取り組むように努めています。

これから受診される患者さんへ。

一般眼科の患者様から高度で専門的な治療をご希望の患者様まで、眼に関してお困りのことがありましたら、どのようなことでもお気軽にご相談にいらしていただければと思います。初診に関しては、予約なしでもお受けいただくことができます。
当院は、都内でも1、2を誇る最新の機器・設備を揃えています。また、銀座という場所柄、患者様の中には治療費を心配される方もおられるかもしれません。しかしその点につきましては当院では、過剰な治療を抱き合わせにした、いわゆる「パック料金」などの価格設定は一切行っておらず、あくまでもカウンセリングに基づき、患者様ごとに必要な治療のみをご提案させていただいております。方法・期間・費用などすべてご納得いただいた上で治療に入りますので、どうかご安心してご来院いただければと存じます。

※上記記事は2014.6に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

冨田 実 院長 MEMO

眼科専門医

  • 生年月日:1972年7月11日
  • 出身:大阪府
  • 血液型:A型
  • 趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞
  • 好きな本:経営・ビジネス書、外国の文化について書かれた本(海外で仕事をする機会も多いため)
  • 好きな映画:『少年H』
  • 好きな言葉:気合い、1%の才能と99%の努力
  • 好きな音楽:JAZZ(ノラ・ジョーンズなど)
  • 好きな場所:リゾート地

グラフで見る『冨田 実 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート