中央区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中央区)―

笠原 真実子 院長/ドゥ・トゥール津田デンタルクリニック(勝どき駅・歯科)の院長紹介ページ

笠原 真実子 院長

MAMIKO KASAHARA

歯も身体の一部、歯ありきで健康を意識して欲しい

日本大学歯学部卒業。一般歯科治療の傍ら、「O‐リングテスト」を導入した診断・診療にて研鑽を積む。2016年、晴海の勝どきにドゥトゥール津田デンタルクリニックを開院、院長に就任。

笠原 真実子 院長

笠原 真実子 院長

ドゥ・トゥール津田デンタルクリニック

中央区/晴海/勝どき駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科

歯科医師として患者さんの健康に向き合う

笠原 真実子 院長

父は内科医師で、「手に職をつけ、国家的な資格をとるように」と言われて育ち、将来は医師以外の道に進むことを考えていませんでした。(歯科の分野は身体の医療の分野とは別で考えられていたところもあり)歯と言う入り口から多くの人の健康に役立てればと思い、歯科医師になることを決意しました。日本大学歯学部卒業後は、都内の歯科医院で一般歯科の経験を積み、自分自身の体調不良から「O‐リングテスト」の存在を知り、「O‐リングテスト」を応用した歯科治療の勉強会や研修会に参加し学びました。勤務先の医院の理解もあり、治療にどんどん取り入れておりました。この治療を行うたびに、歯と身体の関係の深さを知ることができ、この治療で皆様の健康に貢献したいとの希望をもつようになりました。私が敬愛する先生(歯科医)医師紹介で当院の津田忠政理事長とお会いする機会があり、「O‐リングテスト」を応用した診断・診療を以前からご存じだったことがきっかけとなり、2016年に勝どきにドゥトゥール津田デンタルクリニックが開院し、院長に就任致しました。

噛み合わせや補綴の治療を得意としています

笠原 真実子 院長

当院では、一般歯科、噛み合わせ治療、審美歯科、小児歯科、修復・補綴治療、予防歯科の診療項目に分かれています。お口の中の検査・歯石除去など口腔ケアをご希望される患者さんが多く、力をいれている診療項目でもあります。見た目を綺麗にすることだけでなく、お口が開けにくい・顎の動きがおかしいなど顎関節症の治療、抜いたままにしていて思うようにかめない歯の治療なども得意としております。自費診療も積極的におこなっており、ご希望される患者さんへのプログラムもいつくか用意しています。患者さんの健康を気遣った治療をモットーに、治療に使用する詰め物・被せ物の素材は患者さんと相談しながら決めております。

噛み合わせ調整がもたらす体調の変化

笠原 真実子 院長

嚙み合わせは、日々の生活と密着しています。何気なくとっている姿勢や癖、ケガなどが嚙み合わせを悪くしている可能性があります。例えば、足を組む癖がある・頬杖をつく、デスクで寝てしまう・猫背になるなど、該当される方が多くいらっしゃると思います。その他に、捻挫や骨折・交通事故が原因になる場合もあります。噛み合わせが悪くなることで、身体がバランスを整えようとするので、結果的に歪みが生じ、顎関節症の症状・頭痛・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまいなど全身に症状が現れます。これらが噛み合わせによる症状だと気付き難いのが特徴です。身体の至るところに症状を感じて、整体に通い一次的に症状が軽減されても再発を繰り返してしまう場合は、噛み合わせを疑ってみることをおすすめしています。当院では、噛み合わせの治療に「O‐リングテスト」という検査方法を採用しています。「О-リングテスト」で患者様の訴え(腰が痛い、ひざが痛いなど)の根本の原因を特定し、その部位とどの歯が関連しているかを調べたり、改善するための方法・治療の選択、適合する薬剤の選択、家庭でのケアなど様々なことをおひとりおひとりについて診査することができます。(「О-リングテスト」を用いた歯科治療をご希望の方が)初診時には、①問診 ②(口腔内)レントゲン写真撮影 ③診察ベッドでの身体の触診(うつぶせ・あおむけの状態で) ④患者様の訴えのところの動きをチェック ⑤整形外科学検査法でのチェック ⑥①-⑤をもとに説明。治療へ ⑦動きや痛みなどの症状のチェック このような流れになります。この治療でよく行うのが「かみ合わせの調整」です。この調整は通常の歯科治療で行うかみ合わせの調整とは異なります。診察の結果、調整する歯→調整する面→範囲、大きさ、量と的を絞っていきます。実際に調整するときには、患者様に鏡でその部分をお見せしてから”削る”ようにしています。数秒の微細な調整です。歯と歯がかみ合う面や頬側や裏側の歯の面の形態を調整したり、歯のとがったところを丸めるといったことをしております。
症状によっては、お口の中にあるかぶせもの・つめものの材料が患者様に適合せず、影響を及ぼしていることがあります。その際は適合する材料にかえるという治療になることもあります。知覚過敏症は、「O-リングテスト」を応用して調整で症状の改善がよくみられます。
「О-リングテスト」を応用した歯科治療は「身体の記憶をたどる治療」「身体の声をきく」治療だとつくづく感じます。歯の神経をとる治療のあとなかなか痛みがとれずにいた原因は、高校時代の足首の捻挫だったこともありました。足首周辺に対応する歯の調整を行い、その痛みは消失しました。肩に痛みがあり腕が上がらないなどの全身の症状が、歯槽膿漏や歯髄炎と結びつき症状を悪化させている場合もあります。歯は全身とつながっていますので、噛み合わせ1つで重篤な症状を引き起こすこともあります。私は、過去に自分自身の体調不良を噛み合わせによる治療で改善したことから、本当の意味で歯を守る・体を守る大切さと必要性を感じ、多くの方に知って頂きたいと思っています。

患者さんの選択肢を重視した補綴治療

噛み合わせ治療の他に、私が得意としている分野で補綴治療というものがあります。補綴治療とは、被せ物(クラウン)やブリッジ、入れ歯などの治療を指します。自費の被せ物(クラウン)は、ジルコニア・セラミック・ゴールドの3種類の素材からお選び頂けます。それぞれにメリット・デメリットがありますので、よくお話をした上で患者さんのご要望にあう素材で治療を進めています。失った歯の前後に橋を架けるように人工の歯で補うブリッジ、部分的に補う「部分入れ歯」・すべてを補う「総入れ歯」もおこなっています。いずれも、自費診療での治療も可能です。使用する素材も、患者さんに合うものを「O‐リングテスト」を用いて判断することも可能です。お口にも、身体のバランスにも影響が出ますので、お早めにご相談頂ければと思います。

これから受診される患者さんへ

口腔内は十人十色です。人それぞれの口腔内だからこそ、患者さんとよくお話し、最適な治療を提供したいと思っています。治療する、しないに関わらず、この症状は歯には関係ないとは思わずに何でも相談ください。噛み合わせを調整すること、患者様に合うかぶせもの、つめものの材料にかえることや、自覚がないまま進んでいた虫歯の治療をしたことで身体の不調が改善され生活が楽になる事例は数多くあります。身体の不調を感じた場合は整体だけでなく、当院で診察をするというのも一つの選択肢として考えて頂けると、お力になれることがありますので、症状(肩こり、腰痛、50肩、頭痛、顎や顔面の痛み、腕の痛み、ひざの痛み、知覚過敏、口腔内の違和感、電磁波過敏症、金属アレルギー、呼吸の深度チェックと改善、発声・発音のチェックと改善など)を感じたらまずはお気軽にご連絡ください。

※上記記事は2018年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

笠原 真実子 院長 MEMO

  • 出身地:山形県
  • 趣味:ヨガ
  • 好きな本:ノンフィクション系、お料理本
  • 好きな映画:北北西に進路を取れ、カジノロワイヤル
  • 好きな言葉:和顔愛語
  • 好きな音楽:ジャズ、クラシック、ポップス
  • 好きな場所:山形の鳥海山、月山

グラフで見る『笠原 真実子 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート