中央区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中央区)―

小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長/八丁堀みらい歯科(新富町駅・歯科)の院長紹介ページ

小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長

KOMURO TAKASHI & MANAMI

地域で信頼されるホームドクターになるべく、最新設備を導入、衛生面にも配慮。

鶴見大学歯学部卒業後、都内の歯科医院で約10年間研鑽を積む。その後、新富町駅近くに開業。

小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長

小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長

八丁堀みらい歯科

中央区/入船/新富町駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

アルバイト生活を経て歯科医の道へ。

小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長

【貴史 院長】
私の 父は解剖口腔外科を専門とする歯科医師でした。小さい頃から背中を見ていたのですが、歯科医師はあまり好きではなかったのです。ですからアルバイトをしながら自分の好きなことをしていた時期もあって、違う道を進んでいたこともありました。ところが、父が定年退職したことがきっかけで、恩返しの意味を込めて、父と同じ歯科医師の道を歩むため、鶴見大学歯学部に入学しました。入学してみると、僕は周りの同級生よりも年上でしたが、一緒に混じってバスケットボール部に所属して楽しんでいました(笑)。
大学卒業後は、都内の歯科医院で約10年間研鑽を積みました。その歯科医院は、一人の患者さんの経過を長く見たいという方針だったので、私も開業するならそういった方針でやっていきたいと思うように。そんな思いも乗せながら、2016年6月に『八丁堀みらい歯科』を開設しました。

【麻奈未 副院長】
小さい頃から手に職をつけたいと思っていました。兄妹の中でも手先が器用な方だったことと、父から「医療系であれば人様に貢献できるのではないか」という勧めもあったので、歯科医師を選びました。鶴見大学歯学部に入学後は、勉学だけではなくバドミントン部の部長を務め、かなり活動的な学生生活だったと思います。大学卒業後は、医局で歯科麻酔を専門に学ぶこと12年、その後に認定医の資格も取得し、現在に至ります。

地域の皆様のホームドクターを目指す。

小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長

【貴史 院長 & 麻奈未 副院長】
当院は有楽町線「新富町駅」、日比谷線・京葉線「八丁堀駅」から徒歩5分ほどの場所にあります。診療コンセプトとしては、「地域の皆様のホームドクター」を目指しているので、やはり地元の方にに来ていただきたいですね。この辺りは最近マンションが増えて、ベビーカーを引くお父さんお母さんの姿も多く見るようになってきました。ですので、お子さん連れのお父さんお母さんのために設備もこだわりました。例えば、ベビーカーを押して通れる広い通路やスロープ、トイレもオムツ替えシートを完備しています。
このようにこだわったのは、子持ちのお母さんたちのお悩みをたくさん聞いていたからなんです。この辺りは昔ながらの歯医者さんが多いようで、子連れだと診てもらえないこともあったようです。ですから産後、外出しづらいお母さんも気軽にお越しいただける歯科医院を目指しているんです。歯についてのご相談だけでも大歓迎ですので、お散歩がてら来てほしいですね。ぜひお子さんとご一緒に。

クリーンな院内環境維持に取り組む。

小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長

【貴史 院長 & 麻奈未 副院長】
当院では衛生面にも配慮し、『クリーン診療』を心がけています。近年、歯医者がタービンで削った、目に見えないレベルのものにも細菌が含まれていると論文などで言われてきました。そこで、当院では口腔外バキュームで、治療中に飛び散った歯の粉・唾液などを素早く捕集し、空気を綺麗にしています。それでも取りきれなかった粉塵は、天井に設置されている医療向け空気清浄機『メディカルライトエアー』で吸い取っています。これが導入されているクリニックは珍しいのではないかと思います。
また、水にもこだわっていて、『ポセイドン』というユニットウォーターラインで、ユニット内の水を滅菌し、常に清浄に保っています。一つにこだわって他のところを外したら、意味がないと思っていますから、空気・水・滅菌、こだわるなら徹底的に。安心にもつながりますから、患者さんの衛生管理には力を入れています。

どんな症例にも対応できる歯科医院を目指す。

【貴史 院長 & 麻奈未 副院長】
患者さんが希望される治療を最大限、出来る限りかなえることですね。当院では、患者さんの希望を理解するためにカウンセリングはしっかりやっています。カウンセリングをした後は、一番気になるところを最初に治療することにしています。痛みがなくなることで、まずは安心してもらえますからね。
後は、やはり「歯を抜いてほしい」という人はいないですから、歯を残すことを一番に考えて治療にあたっています。できるだけ患者さんの歯を保存して、何十年も持つような治療をさせていただきます。そのためのケアとして、治療が終わっても、歯石取りをしたり、定期的にレーザーを当てたりすることをおすすめしています。レーザーは一回だけでは効果はありませんが、定期的に当てることで、歯周病の予防に役立ちます。特にお子さんの場合、予防が一番大事なんです。ですのでフッ素塗布を勧めています。
診療理念である「地域の皆様のホームドクターになる」というのは、末永くお付き合いしたいという思いからです。毎日当たり前のようにしているブラッシングの仕方にもコツがありますから、ぜひ相談にいらしてください。歯医者は基本何でも屋なので、どんな要望にもお応えします。都内は審美やインプラントに特化している歯科医院も多いですが、当院はどんな症例にも対応できる歯科医院を目指しています。

これから受診される患者さんへ。

【貴史 院長 & 麻奈未 副院長】
一歩ずつでも、地域に信頼していただける歯医者になりたいという気持ちで、日々努力を重ねております。歯科医院は、必ず治療をするところだとは思っていませんので、相談だけでも大歓迎です。少しでも気になる点があれば、お気軽にお越しください。

※上記記事は2016年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長 MEMO

  • 出身地:[院長]東京都 [副院長]埼玉県
  • 趣味:[院長]テニス [副院長] 犬の散歩
  • 好きな本:[院長]バイク・テニスの本 [副院長]小説全般
  • 好きな映画:[院長]『フィールド・オブ・ドリームス』、『インセプション』 [副院長]何でも観ます
  • 好きな言葉:[院長・副院長]感謝
  • 好きな音楽:[院長]クラシック・オペラ [副院長]J-POP全般
  • 好きな場所:[院長・副院長]自然(海、山、川)

グラフで見る『小室 貴史 院長 & 小室 麻奈未 副院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート