中央区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(中央区)―

小延 裕之 院長/小延歯科(新日本橋駅・歯科)の院長紹介ページ

小延 裕之 院長

HIROYUKI KONOBU

最先端の医療機器と治療技術をベースに
患者さんとの間に確かな信頼関係を築く

日本歯科大学を卒業後、大学院に進んで博士号を取得。歯周病、インプラント治療を中心に研鑽を積み、中央区日本橋に開業。

小延 裕之 院長

小延 裕之 院長

小延歯科

中央区/日本橋室町/新日本橋駅

  • ●歯科

医師の家系に生まれ、歯周病専門医をめざす

小延 裕之 院長

私が歯科医師になった1つの理由として、医師の家系に生まれ育ったということがありました。子供の頃からモノづくりが好きでよく模型などを作っていましたし、私自身サラリーマンには向かないタイプだと思っていましたし(笑)。高校生になって自分の進路を考えたとき、自ずと歯科医師という目標が定まったという感じです。大学時代、まわりの友人たちはほとんどが歯科医師の子息でした。一方で医師の息子だった私は、大学に残るか、開業するかの選択を迫られたわけです。そんなとき、ちょうど私が大学の5、6年だった頃でしょうか。スウェーデンにあるイエテボリ大学で、歯周組織の再生についての研究がされていたんですね。歯周病の世界的権威であるリンデ教授の研究はとても興味深いものでしたし、当時はまだ「歯周病専門医」の資格をもつ歯科医師がいない時代でした。それならば「自分が歯周病の専門医になろう」と考えて研鑽を積むとともに、インプラント治療についても知識を深め、スキルを磨きました。

患者さんとの信頼関係を大切に、長きにわたるお付き合いを

小延 裕之 院長

日本歯周病学会が認定する歯周病専門医の資格を取得した後、2002年に『小延歯科』を開設しました。私たちの歯は、何十年という長きにわたって使い続けるものであり、それだけに患者さんとの信頼関係を大切にしながら、長いお付き合いをさせていただきたいと思います。「近くにある歯医者さんだから」と安易に受診するのではなく、ご自分のお口のことを真剣に考え、本当に困っていらっしゃる方にこそお越しいただきたい。そう考えて、JRや地下鉄など複数の路線をご利用いただける、ここ日本橋室町の地を選んで開業しました。
実際に、来院される患者さんは都内のみならず首都圏各地から、中には静岡県や九州地方から足を運んでくださる方もいらっしゃいます。そして、ほとんどの患者さんが親しい方からのご紹介、他院からのご紹介ということになるでしょうか。当院の治療にご満足いただいて、たとえ時間と費用がかかっても「良い歯科医院だよ」とすすめてくださることは、歯科医師として本当に嬉しいことだと思います。

最先端の医療機器と治療技術、信頼できるスタッフとともにベストを尽くす

小延 裕之 院長

たとえば、風邪をひいてクリニックを受診して、お薬を飲んで症状が解消されれば、それで治療は終了となりますよね。しかし歯科の治療は一生体に残るものです。歯科医師と患者さんとは、ともすれば生涯にわたってお付き合いが続いていくもの。その為、何よりも大切になるのが、患者さんとの信頼関係であり、最良の治療結果をご提供していくことだと思います。患者さんに十分なご説明をし、安全のもとに精密な治療をおこなうことを考えますと、どうしても1日に診療できる患者さんが限られてきますけれど。1人1人の患者さんとしっかり向き合い、ご自分の治療に対する理解を深めていただくというのは、開業以来ずっと変わらない私の診療スタイルです。
何よりも患者さんにご満足いただける治療結果が得られるよう、信頼できるスタッフと協力しながら、歯科用CTやマイクロスコープといった医療機器を備えて診療にあたっているわけですが、最先端の医療機器があれば最高の治療ができるのかと言えばそうではありません。歯科治療に関する知識とスキルを常にブラッシュアップして、なおかつ患者さんが安心して治療をお任せくださるような信頼関係を築いて。さらに、治療後の定期メインテナンスの必要性を十分にご理解いただけるように、丁寧に言葉を尽くしたいと思います。

ご自分の将来に向けて、歯科医院での定期メインテナンスを

高齢化社会がすすむ日本では、70歳、80歳になっても健康に過ごされている方がたくさんいらっしゃいます。野生に暮らす哺乳類は、心臓がおおむね150億回鼓動すると寿命が尽きると言われますので、本来であれば40歳すぎで天寿を全うすることになるのでしょうか。それでも、文明の恩恵を受けて人間は長生きするようになり、かつては考えられなかったトラブルが増えていることも確かです。たとえば、歯がすり減ったり、折れてしまったり、ご自分の歯が残っているために、全身の健康に影響を与えるケースも少なくありません。
それでは、80歳を過ぎて歯も体も健康でいるためには、どうしたら良いのか。これは、さまざまなデータからも証明されていることですが、やはり定期的なメインテナンスを欠かすことはできません。とは言いましても、とくに自覚症状がないときに歯科医院に足を向けるというのは気が進まことでしょう。でも、若い頃から定期的なメインテナンスを心がけ、必要最小限の歯科治療で済ませられるというのが理想的だと思います。たとえ見た目はキレイでも、実際に検査をしてみると、歯周病や歯肉炎が見つかるというケースが多いもの。ですからぜひ、何も症状ないときから、歯科医院での定期チェックを習慣づけていただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『小延歯科』は、最寄りのJR「新日本橋駅」から徒歩1分、そのほか「神田駅」や地下鉄「三越前駅」、「大手町駅」などもご利用いただける大変便利な場所にあります。私からぜひお伝えしたいのは、コマーシャリズムに振り回されないでくださいということです。きっと多くの方が、最先端の医療機器が揃っていれば、最高の治療を受けられると考えていらっしゃることでしょう。また、治療費が安いという理由で、安易に歯科医院を選んではいないでしょうか。それも大切ですが、本質ではありません。当院にも、他院で受けられた治療のやり直しをご希望になる患者さんがお越しになりますけれど、ご自分の大切な歯を守るためにもぜひ実際に歯科医院に足を運んでみてください。そして、直接先生と話をしてみて、ご自分の目で確認してから治療を受けるかどうかを決めていただきたいと思います。

※上記記事は2017年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小延 裕之 院長 MEMO

  • 出身地:京都府
  • 趣味・特技:ロードバイク・テコンドー
  • 好きな本:歴史・SF
  • 好きな映画:スター・ウォーズ
  • 好きな言葉:過ぎたるは及ばざるが如し
  • 好きな音楽:ギターミュージック
  • 好きな場所:京都の山奥

グラフで見る『小延 裕之 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート