中央区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中央区)―

木村 聡 院長/木村歯科医院(小伝馬町駅・歯科)の院長紹介ページ

木村 聡 院長

SATOSHI KIMURA

定期的なプロのチェック・ケアで、一生自分の歯で食べることを目指しましょう。

一般大学卒業後、25歳の時に出会った老歯科医に感銘を受け、歯科医を一生の仕事とすることを決意。念願の歯科医となった後、小伝馬町駅近くに開業。

木村 聡 院長

木村 聡 院長

木村歯科医院

中央区/日本橋小伝馬町/小伝馬町駅

  • ●歯科

25歳での老歯科医との出会いが、私の一生を変えた。

木村 聡 院長

歯科の世界を知ったのは、僕が25歳の時でした。一般大学を出て仕事をしていたとき、治療を介してある老歯科医師と出会ったのです。痛みをとってくれたことへの感謝はもちろん、それ以上に考えさせられるものがありましたね。自らの技術で人の苦しみや痛みをとってくれる仕事。非常に興味深く、「これなら一生の仕事として意味があるのでは…」と思わせてくれました。今生きておられたとしたら、もう120をこえているでしょうか。頑固で厳しい先生でしたけども(笑)、この人の存在がなければ、僕はおそらく歯医者になっていなかったと思います。
一般歯科・予防歯科の『木村歯科医院』は、昭和58年(1984年)に開院致しました。以来、30余年を日比谷線「小伝馬駅」に程近いこの地で患者さんとともに過ごしてきたということになります。人生にはターニングポイントというものがあり、その都度その都度、出会いがあり、そして、選択というものがあるんです。僕にとっては、老先生との出会いがそう、この場所を選んだこともそうですね。
常に正しい方を選ぶというのはなかなか難しいものですが、自分で選んでいれば何も後悔はありません。だめなら、また自分で選択をしていけば良いだけのこと。良き縁は続けていって、悪い縁は途中で切ってしまえば良いんです(笑)。

歯周病対策のカギは、4ヶ月に1回の定期検診。

木村 聡 院長

どんなに時間をかけて丁寧な治療をしたとしても、お口に関して“完治”ということはないと僕は思っています。特に、歯周病に完治はあり得ない。となると、1番大事なのはやはりメンテナンスということになります。人によって差異はありますが、当院ではほとんどの方がおおよそ4ヶ月に1回の周期で検診を受けています。
お口の中には約200種類の細菌がいると言われていて、それが介在し、虫歯や歯周病を引き起こします。歯と歯の隙間、それから根の周りの歯周ポケット。こうしたところに残った食べ残しがバイオフィルム(歯垢)となり、やがてそれらは石灰化して歯石となる。そこまでいってしまうと、歯に何らかの悪影響が及んできます。
細菌が原因ですから、それを全部取り除いてしまえばいいようなものですが、現実的には不可能です。ではどうすればいいのか?端的に言えば、口の中の限定した部分に細菌が集まらないようにしてあげればいいのです。それをなるべく普段から集まりにくいようにするのが、患者さんの仕事。そして、ブラッシングで取り除けないところ、とりきれずに残ってしまった箇所をきれいにするのが、歯医者の仕事ということになります。

患者さんと歯科医、お互いが納得できる歯科治療を。

木村 聡 院長

「あそこの歯医者で歯を抜かれちゃった」 よく耳にする話です。しかし、我々歯医者にとっては非常に耳の痛い話に他なりません。そもそも、“ちゃった”という表現は、その処置に対して患者さんの心からの同意を得られていなかった、ということを意味します。それはつまり、歯医者の側の説明不足であり、力不足ということですよね。
それからもう1つ。“ちゃった”という表現には、その人が受動系であることを示します。「先生のところに行けば何とかしてくれる」 それはありがたい話だけども、やはり本人が自分のすべきことをしてくれないことにはどうにもなりません。お口の健康は歯医者だけでなんとかなるというものではないのです。
当院では、僕と患者さん、両方の責任の元に、良い状態が長く保っていくようにすることを是としています。

通院しやすい環境づくりは患者さんのため。

歯医者で1番イヤなことは、待たされてしまうことでしょう。その点、当院の待合室で人を見ることはほとんどありません。なぜかと言えば、30分を最小単位として、余裕を持って時間をお取りしてるからです。仮に急患があっても、1時間の人であればそのうちの15分か20分を割くなんてことも容易ですしね。
それから当院では、出来る限り同じ曜日、同じ時間に予約をお取りするようにしています。そうすることで、患者さんは「しょうがない。この曜日はしばらく歯医者の日だ」と思ってもらえる。治療のサイクルを自分で覚えてもらうために、有効な方法だと僕は思っています。

これから受診される患者さんへ。

2回くらい続けて歯医者をすっぽかすと、行きづらくなるものです。でも実際は、仕事をしてる人も多いし、出張やなんやかんやで来れない、ということは当然あります。当院では、電話で予約をキャンセルしてもらっても一向に構いません。それに、しばらく音沙汰がないと、こっちから電話をしますしね(笑)。
人間というのは結局のところ、ワン・オブ・ゼム(大勢の中の1人)なんだけども、そう捨てたものでもありません。僕からの電話で、僕の思いが伝わることで、ずいぶん気持ちの持ちようが違ってくることもある。だから、敷居を高く思われる必要なんてないんです。その瞬間、その瞬間、その人のことだけを考えて、僕はこれからも診療に取り組んでいくつもりです。

※上記記事は2014.10に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

木村 聡 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:クルマ、読書
  • 好きな本:歴史小説
  • 好きな映画:アクション(007シリーズ、ミッション:インポッシブル)
  • 好きな言葉:毒を食らわば皿まで
  • 好きな音楽:オールディーズ
  • 好きな場所:仕事場、陽の当たるテラス

グラフで見る『木村 聡 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート