中央区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中央区)―

師田 暁 院長/人形町乳腺クリニック(人形町駅・乳腺外科)の院長紹介ページ

師田 暁 院長

SATORU MOROTA

正確な診断とわかりやすい説明を心がけ、患者様の不安を払拭したい。

東京医科大学卒業後、東京警察病院へ入職。西東京警察病院、がん研有明病院、国際医療福祉大学三田病院などで乳腺外科医として研鑽を積む。その後、人形町駅近くに開業。

師田 暁 院長

師田 暁 院長

人形町乳腺クリニック

中央区/日本橋人形町/人形町駅

  • ●乳腺外科
  • ●外科

乳腺外科医の道一筋に研鑽を積み、クリニック開業へ。

師田 暁 院長

私の父は開業医で、幼い頃から医師の仕事を間近に見て育ちました。現在父の診療所は兄が引き継いでいるのですが、私は次男ということもあってとくに医師になることにこだわっていたわけではありませんでした。しかし患者さんと接する父の姿を見て、あらためて医者という仕事はいいな、と思うようになり、受験勉強をして東京医科大学に進みました。卒業後は東京警察病院へ入職し、西東京警察病院とあわせると10年あまり、患者さんの全身管理や外科的な手術など多数の症例に携わりました。なかでも抗がん剤を用いた乳がんの治療に興味をもったことから、がん研有明病院の乳腺外科へ。その後は国際医療福祉大学三田病院の乳腺センター、東京警察病院の外科で乳腺の疾患を担当するなど、乳腺外科医として研鑽を積んで来ました。そして、自分のスタイルのもとに診療を行いたいという思いが強くなり、2014年8月『人形町乳腺クリニック』を開業しました。

「行きやすい・かかりやすい」クリニックを目指した病院づくり。

師田 暁 院長

乳腺外科・外科の人形町乳腺クリニックは、浅草線・日比谷線の人形町駅からすぐの場所にあるビルの3階。何よりも患者さんにご来院いただきやすい、アクセスの良さが気に入ってこの場所を選びました。女性目線でデザインした院内は、白を基調に木のぬくもりが感じられるリラックス空間。清潔感がありながらオシャレな雰囲気だと、皆様からご好評をいただいています。来院される患者さんは近隣にお住まいの方やお勤めの女性を中心に、インターネットで検索されて少し遠方からお見えになる方もいらっしゃいますね。たとえ小さなお悩みであってもそのままにせず、何でも気軽にご相談いただけるように。「行きやすい・かかりやすい」クリニックを目指して、日々の診療にあたっています。

検査結果はその日のうちに説明。患者さんを不安にさせません。

師田 暁 院長

当院では私の専門である乳腺のほか、甲状腺の疾患についても診療しています。乳房に「しこり」や痛みなどの症状がある場合は、視触診・マンモグラフィ・超音波の3つのアプローチによって検査を行い、結果はその日のうちに患者さんにお伝えしています。健診や人間ドッグなどを受けると、後日郵便で検査結果が送られて来る…、というケースが多いですよね。血液検査の結果などの数値が記載され、「要再検査」などと書かれていたりして。でも、どれほどの方が検査結果を正しく理解して、必要とされる検査や治療を受けられているでしょうか?当院では、患者さんご自身の体について理解を深めていただきたいという思いから、とくに異常が見当たらない場合でも画像などをご覧いただきながら検査結果を丁寧にご説明するようにしています。もしも手術などが必要だと判断すれば、より高度な治療を行える病院をご紹介いたしますし、術後のケアについては当院がしっかりとサポートします。こんな事で受診していいのかな?と考えている方や、大学病院は敷居が高いと感じている方が、「まず相談してみよう」と思っていただけるような場所になれたら嬉しいですね。

欧米に比べて格段に低い、日本の乳がん検診受診率。

中央区の乳がん検診受診率は、20%ほど。この数字にはお勤め先で健康診断を受診されている方の数はカウントされていませんが、70~80%ほどと言われる欧米の受診率と比べるとたいへん低い数字です。国が40歳以上の女性に対して2年に一度の健診を推奨しているように、30代の後半にさしかかったら、入浴時のセルフチェックなどとあわせて乳がん検診を受診していただきたいですね。当院は医師である私以外、スタッフ全員が女性です。もちろん、マンモグラフィ検査についても女性の放射線技師が担当いたしますのでご安心ください。私も今後は医師会などと連携を図りながら、講演会をはじめとした啓蒙活動にも力を注いで行きたいです。女性たちが乳腺の疾患について正しい知識をもち、毎日を不安なく過ごしていただけるよう、さまざまなアプローチでサポートして行きたいと思っています。

これから受診される患者さんへ。

入浴時などに乳房に「しこり」を感じたら、きっと誰もが不安に感じてしまいますよね。でもそんな時は一人で抱え込んだり悩んだりせず、ぜひ私たちにご相談いただきたいと思います。ひと口に「しこり」と言っても良性のものもありますし、たとえ悪性であっても早期に発見し治療をすれば完治を期待できるのです。検査をして何事もなければホッと安心できるわけですから、もしも気にかかる症状があればぜひお早めに専門医を受診していただきたいと思います。

※上記記事は2014.08に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

師田 暁 院長 MEMO

外科専門医 /その他

  • 出身地:東京都
  • 趣味:(家族と)カフェめぐり
  • 好きな本:池井戸潤
  • 好きな映画:ショーシャンクの空に
  • 好きな言葉:let it be
  • 好きな観光地:箱根、沖縄

グラフで見る『師田 暁 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート