中央区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(中央区)―

池田 陽子 分院長/光が丘動物病院 月島クリニック(月島駅・犬)の院長紹介ページ

池田 陽子 分院長

YOKO IKEDA

女性ならではのホスピタリティをもって
動物たちと飼い主さまに安心の医療を提供

北里大学獣医学科を卒業後、岩手県内の動物病院で経験を重ねる。千葉県内の動物病院を経て、光が丘動物病院グループに在籍。10年にわたって診療を続け、月島クリニックの開設にあわせて分院長に就任。

池田 陽子 分院長

池田 陽子 分院長

光が丘動物病院 月島クリニック

中央区/月島/月島駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●フェレット
  • ●ハムスター
  • ●鳥

動物が好きな気持ちを叶えて、獣医師になる

池田 陽子 分院長

私は小さな頃から動物が好きで、拾ってきた犬を飼いたいと、両親にお願いをするほどでした(笑)。愛犬がお世話になっていた動物病院の先生の影響もありまして、小学校の卒業文集にはすでに、「将来は獣医科病院を開きたい」と書いていたんですよ(笑)。
そしてもう1つ、私が獣医師になったのは医療の仕事に携わっていた父の存在も大きかったかもしれません。人を助けたり病気を治したりする父の姿に憧れていましたし、医療の仕事と動物が好きな気持ちを両立できるのは獣医師ではないのかな、と(笑)。青森県にある北里大学獣医学科に学び、卒業後は同じく東北・岩手県の動物病院で獣医師としてのキャリアをスタートしました。

女性ならではのホスピタリティあふれる、南仏・プロヴァンス風クリニック

池田 陽子 分院長

光が丘動物病院グループで診療をはじめたのは2007年で、その後10年にわたってさまざまな治療に携わり、ここ月島に来るまでは埼玉県内の分院で診療していました。そして今回、月島クリニックの開設にあわせて、分院長として動物たちの診療をするようになったんです。クリニックの内装については、私の意見も取り入れていただきまして(笑)。清潔感のある白を基調にしながらも、どこかあたたかみを感じられるような、南仏・プロヴァンスをイメージした心地よい空間に整えました。
分院長である私をはじめ動物看護師など、診療に携わるスタッフは女性が中心です。診療の際には女性ならではの細やかな目配り、心配りをしながら、常に動物たちや飼い主さまの立場に立って考えることを忘れずに。みなさまが「ここに来てよかった」と感じてくださるような、心からご満足いただける医療をご提供していきたいと思います。

デリケートな動物たちに配慮しながら、安心の医療を提供

池田 陽子 分院長

来院されるのは近隣にお住いの方々を中心に、かつて診療していた埼玉県から足を運んでくださる飼い主さまもいらっしゃいます。当院では、犬・猫のほか、うさぎや鳥、ハリネズミなどの小動物も診療していますが、飼い主さまにも動物たちに対しても責任をもって治療をおこなうためには、彼らの生態や食生活など、いろいろな知識が必要になるものです。ですから、ときに専門書を調べるなどして知識の再確認をしながら、本当に安心できる医療をご提供したいと思っています。
診療にあたって心がけるのは、動物たちを怖がらせないこと、怯えさせないことでしょうか。とくに猫はとてもデリケートなところがありますので、急にさわってビックリさせないよう、気をつけるようにしていますね。こうして考えてみると、大変なことも多いのですが、実際に「大変だったな」という記憶はほとんどなくて(笑)。それよりもやはり、動物たちのことが好きで、診療が好きという気持ちが大きいですし、飼い主さまやスタッフたちに支えていただきながら日々頑張っている感じがします(笑)。

飼い主さまとのコミュニケーションを大切に、その仔にとってベストな治療を実践

動物たちを治療する際には、飼い主さまと十分にお話をして、その子にとって一番よい治療法を考えたいと思います。今の医療で考えられるベストな治療が、すべてのケースにあてはまる訳ではありませんので、飼い主さまの生活スタイルやご意向などをしっかり伺って、無理なく受けていただける治療法をご一緒に見つけていきたいと思います。私は外科的な治療を得意としていて、これまでにも数多くの手術をおこない、元気になった子たちの姿を励みにしてきました。私自身のスキルにプラスして、光が丘動物病院グループに所属する5つの病院が連携することで、より良い医療サービスをご提供できるものと思います。
また、月島クリニックでは一般的な診療に加えて代替療法も取り入れており、オゾン療法や鍼治療、サプリメントなどをご提案することもできます。椎間板ヘルニアの手術後に鍼治療をおこなったり、オゾンガスを注入することで免疫力アップをめざしたり。動物たちに負担の少ない方法で、症状を改善することができるかと思いますので、高齢ペットの健康管理などについてもお気軽にご相談ください。

これから受診される飼い主さまへ

『光が丘動物病院 月島クリニック』は、東京メトロ「月島駅」から歩いて3分ほどの場所にあります。当院では、動物たちや飼い主さまとゆっくりと向き合って診療を進めていくため、診療のご案内はご予約の方優先とさせていただいています。もちろん、急なトラブルには随時対応いたしますし、お手入れだけでご来院いただいても大丈夫です(笑)。決して敷居が高い場所ではありませんので、お友達の家に遊びに行くような感覚で、気軽に足を運んでいただきたいと思います。

※上記記事は2017年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

池田 陽子 分院長 MEMO

  • 出身地:愛知県 名古屋市
  • 趣味:川釣り
  • 好きな本・作家:獣医学専門書、池井戸潤
  • 好きな映画:007
  • 好きな言葉・座右の銘:思いやる心、やり遂げる力
  • 好きな音楽:洋楽
  • 好きな場所:北東北(青森に住んでいたこともあり、いまでも温泉や釣りなどで訪れます)

グラフで見る『池田 陽子 分院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート